【DFFOO速報】第三弾レベルキャップ解放!!解放後のキャラ評価、詳細を紹介!!

1/19(金)より、第三弾レベルキャップ解放イベントが開催されています。

今まで、第一弾では

【フリオニール、クラウド、WOL、ティナ、シャントット、ヤシュトラ】

第一弾レベルキャップ解放キャラの評価

【バッツ、セシル、ティーダ、ユウナ、エース、ヴァン】

第二弾レベルキャップ解放キャラの評価

そして今回の第三弾では

ライトニング

セラ

ジタン

スコール

レム

オニオンナイト

上記6キャラが

上限解放となりました。

さて上限解放されたことで、どのような評価になるのでしょうか!!

この記事では第三弾レベルキャップ解放キャラの評価を紹介したいと思います。

ライトニング

レベルキャップ解放後のパッシブ

バフブースト 自身に強化効果が付与されていると時 自身の最大BRVを小アップ
スパークブロウエクステンド 「スパークブロウ」の使用回数+1 「スパークブロウ」使用時 ・「スパークブロウ」の威力中アップ ・「ブラスター」の最大BRVアップの効果小アップ 通常「HP攻撃」が「HP攻撃+」(攻撃力に依存した量のBRV加算後HP攻撃)に変化
アビリティアタックハイ アビリティ連続使用時 自身が与えるBRVダメージを小アップ
連閃エクステンド 「連閃」の使用回数+1 「連閃」使用時 ・「連閃」のBRV威力中アップ ・「アタッカー」の最大BRVアップと攻撃力アップの効果小アップ ・「アタッカー」付与中 通常「BRV攻撃」が威力アップの「BRV攻撃+」に変化

レベルキャップ解放後のライトニングの評価

ライトニングはバフを付与することで最大BRVが上昇し、アビリティを連続使用することでBRV威力がアップします。

スパークブロウでは、威力アップ、使用回数+1回、バフ効果が強化されました。

一番の変更点は「HP攻撃」が「HP攻撃+」(攻撃力に依存した量のBRV加算後HP攻撃)に変化したということです。

HP攻撃+になることでBRVをためた攻撃することで、さらに強いHP攻撃ができるようになりました。

連閃でも、威力アップ、使用回数+1回、バフ効果が強化されました。

そしてスパークブロウと同じく、「BRV攻撃」が威力アップの「BRV攻撃+」に変化します。

効果は数字化されていませんが、体感でもかなりの威力アップが期待できます。

ライトニングはレベルキャップ解放により、少し強化されたという評価が正しいでしょう。

セラ

レベルキャップ解放後のパッシブ

デバフスピードアップⅡ 弱体効果が付与された敵がいる時 自身の素早さを小アップ
ブラッドエクステンド 「ブラッド」使用回数+2 「ブラッド」使用時 ・「ブラッド」の威力中アップ ・「毒」の効果小アップと2ACTION期間延長 ・「最大BRVダウン」の効果小アップと2ACTION期間延長
デバフブーストオール 弱体効果は付与された敵がいる時 味方全員の最大BRVを小アップ
月光エクステンド 「月光」使用時 ・攻撃力に依存した量のBRV加算量小アップ ・BRV乗算量小アップ ・「攻撃力アップ」の効果小アップと味方全体化 ・付与する強化効果の期間を2ACTION延長

レベルキャップ解放後のセラの評価

セラはデバフを付与した状態でいることで、強化されるという性能になります。

素早さに関しては自身のみですが、最大BRVは全体に付与されるというサポーターとしての能力も期待できるようになりました。

アビリティ「ブラッド」はエクステンド化により使用回数の増加、デバフの威力アップ+期間延長となります。

アビリティ「月光」はエクステンド化により、BRV加算量がアップし、バフ効果が全体化することにより、サポーターとしての役割も担うことができるようになります。専用武器があれば、BRV供給もできるので、さらに一つ評価が上がるポイントとなります。

セラは上限解放により、サポーターとして強化されたといえるでしょう。

オニオンナイト

レベルキャップ解放後のパッシブ

賢者の叡智 「賢者」付与中 自身の最大BRVを大アップ
ブリザドコンボエクステンド 「ブリザドコンボ」の使用回数+1 「ブリザドコンボ」使用時 ・ブリザドコンボのBRV威力大アップ ・自身に5ACTION「魔法攻撃力アップ」付与し 賢者の段階に応じて「魔法攻撃力アップ」の効果アップ ・「賢者」付与中 通常「BRV攻撃」が氷属性魔法BRV攻撃の「ブリザド」に変化 「賢者Ⅲ」付与後 「ブリザドコンボ」使用時 追加HP攻撃が発動
忍の極意 「忍者」付与中 自身の素早さを中アップ
連続ヒットエクステンド 「連続ヒット」の使用回数+1 「連続ヒット」使用時 ・「連続ヒット」のBRV威力大アップ ・自身に5ACTION「物理攻撃力アップ」付与し 「忍者」の段階に応じて「物理攻撃力アップ」の効果アップ 「忍者Ⅲ」付与後 「連続ヒット」使用時 追加HP攻撃が発動

レベルキャップ解放後のオニオンナイトの評価

オニオンナイトはそれぞれの独自バフを付与することでバフが付与されるようになりました。

ブリザドコンボのエクステンド化による性能は威力がアップし、バフ「魔法攻撃力アップ」も付与されるようになりました。段階を踏まえていくとバフの効果も大きくなります。さらに最大状態にすることで「BRV攻撃」が氷属性魔法BRV攻撃の「ブリザド」に変化します。そしてブリザドコンボも追加HP攻撃が発動するようになります。

連続ヒットのエクステンド化はブリザドコンボの物理攻撃力アップ版と考えていいでしょう。ただBRV攻撃は変化しません。強化効果を最大状態にすることで、連続ヒットも 追加HP攻撃が発動するようになります。

オニオンナイトはレベルキャップ解放により、評価がかなり上がりました。

赤のクリスタルなので、ヴァンよりは優先度は低いですがおすすめキャラと言えます。

ジタン

レベルキャップ解放後のパッシブ

アビリテアタックハイ アビリティ連続使用時 自身が与えるBRVダメージを小アップ
ストラサークル5エクステンド 「ストラサークル5」の使用回数+2 「ストラサークル5」使用時 ・「ストラサークル5」の威力小アップ ・「素早さダウン」付与率が中アップ ・「素早さダウン」の効果小アップ ・「素早さアップ」の効果小アップ ・「最大BRVアップ」の効果中アップ
BRVスピードアップ 自身のBRVが最大BRVの50%以上の時 自身の素早さを中アップ
フリーエナジーエクステンド 「フリーエナジー」の使用回数+2 「フリーエナジー」使用時 ・「防御力ダウン」付与率が小アップ ・「防御力ダウン」の効果小アップ ・「防御力アップ」の効果小アップ ・自身に3ACTION「攻撃力中アップ」付与

レベルキャップ解放後のジタンの評価

何かと問題が多いといわれているジタンですが、実装前までの酷い状態ではないようです。

ジタンはアビリティを連続使用することで威力がアップし、BRVを50%以上にすることで素早さが上昇します。素早さに関しては中アップとなるので、かなり早くACTIONが回ってくると考えられます。

そしてストラサークル5のエクステンド化では使用回数+2、威力の上昇、デバフの付与率アップと効果アップとなります。デバフが確定ではないのが残念ですが相性武器を装備されればほぼ確定と言えます。

フリーエナジーでも使用回数+2、威力の上昇、デバフの付与率アップと効果アップとなります。さらに攻撃力も中アップするので、すべての攻撃が強化されます。

ジタンは効果がばらまかれており、すべての恩恵を得るまでに時間がかかります。

長期戦ではかなり評価できるようになったといえるでしょう。

スコール

レベルキャップ解放後のパッシブ

バフアタックブースト 自身に強化効果が付与されている時 自身の最大BRVと攻撃力を中アップ
ソリッドバレルエクステンド 「ソリッドバレル」の使用回数+1 「ソリッドバレル」使用時 ・「ソリッドバレル」のBRV威力小アップ 「ソリッドバレル+」使用時 ・「ソリッドバレル+」のBRV威力中アップ ・「ソリッドバレル+」の最終HITが全体化 ・最終HIT後 自身のBRVが最大BRVの80%以上の時 追加単体HP攻撃が発動
バフハイスピード 自身に強化効果が付与されている時 自身の素早さを大アップ
連続剣エクステンド 「連続剣」の使用回数+1 「連続剣」使用時 ・「連続剣」のBRV威力小アップ 「連続剣+」のBRV使用時 ・「連続剣+」のBRV威力中アップ ・対象以外にも50%分のHPダメージ

レベルキャップ解放後のスコールの評価

スコールは間違いなく、今回の上限解放で評価が上昇したキャラです。

まずバフを付与されることで最大BRVと攻撃力を中アップ、素早さを大アップが付与されます。もちろん潜在的ななので、打ち消されることなどはありません。

ソリッドバレルでは威力の上昇、使用回数の増加が実装され、さらに最終ヒットが全体攻撃化されます。そして最終攻撃の際、BRVを80%以上にすることで追加HP攻撃が発動します。

連続剣でも威力の上昇、使用回数の増加が実装され、+状態では対象以外にも50%分のHPダメージが発動されるようになりました。

上限解放によりスコールは弱点がなくなり、まさにぶっ壊れキャラになったといえるでしょう。

レム

レベルキャップ解放後のパッシブ

BRVデンジャーアタックアップ 自身のBRVが初期値未満の時 自身の攻撃力を小アップ
ケアルエクステンド 「ケアル」使用時 ・最大HPに依存した回復量が小アップ ・攻撃力に依存した回復量が小アップ ・「攻撃力アップ」の効果を味方全体化
HPアタックアップ 自身のHPが最大の50%以上の時 自身の攻撃力が小アップ
ターンコンバートエクステンド 「ターンコンバート」使用時 ・攻撃力に依存したBRV加算量が小アップ ・「最大BRVアップ」の効果小アップ 「ターンコンバート」使用後 ・通常「HP攻撃」が5ACTION「HP攻撃+」に変化

レベルキャップ解放後のレムの評価

レムはなんとも言えない評価となります。

BRVがひくいことと、HPを50%以上に保つことで攻撃力が上昇します。

ケアルのエクステンドでは、対象が全体化となり攻撃力アップも全体化となりました。

ターンコンバートエクステンドでは、BRV加算量アップとバフの効果アップ、そしてHP攻撃が+に変化します。

レムは優先させるほどのレベルキャップするほどの効果が得られません。

緑のクリスタルなのでティナを優先させれば問題ないといえるでしょう。