【DFFOO速報】第4弾レベルキャップ解放キャラ評価!!新たな性能を手に入れ最強キャラで攻略!!

本日15時より、新たなレベルキャップ解放が実装されました。

第4弾となるレベルキャップ解放では

・エドガー

・ラグナ

・プリッシュ

・ホープ

・ビビ

・ラムザ

上記6名となっています。

この記事では新たに上限解放されたキャラ評価、新たに得られるパッシブなどを紹介させて頂きます。

エドガー

レベルキャップ解放で得られるパッシブ

フォーカスアタック 全体攻撃使用時、対象が1人ならば、与えるBRVダメージが1.6倍
オートボウガンエクステンド 「オートボウガン」の使用回数+2 「オートボウガン」使用時・「オートボウガン」の威力小アップ・機械種に対するダメージ中アップ・対象に4ACTION「スリップ」付与・行動負荷ダウン
デバフアタックブースト 弱体効果が付与された敵がいる時、自身の最大BRVと攻撃力を中アップ
ドリルエクステンド 「ドリル」の使用回数+2 「ドリル」使用時・ドリルのBRV威力極大アップ・機械種に対するダメージ中アップ・「防御力ダウン」の効果小アップ

エドガーの新評価

対象が一人でも強くなる

エドガーはフォーカスアタックの習得により、単体攻撃でも1.6倍の火力を出せるようになりました。エドガーはアビリティ「オートボウガン」が全体攻撃なので、より強力なアビリティが使用可能といえるでしょう。

スリップ付与可能に

今まで、リリゼットしか付与できなかったデバフ「スリップ」がエドガーも付与できるようになりました。スリップは毎ACTION敵のBRVを吸収できるというかなり優秀なデバフ能力です。

火力の上昇

エドガーは敵にデバフがかかっている状態だと最大BRVと攻撃力を中アップすることができ、エドガーのすべての攻撃が強くなります。

エクステンドの効果により、アビリティの威力もかなり上昇します。

ラグナ

レベルキャップ解放で得られるパッシブ

スタートスピードアップ バトル開始時から3ACTION、自身の素早さを小アップ
手榴弾エクステンド 「手榴弾」使用時・「手榴弾」の威力小アップ・「手榴弾」で付与する弱体効果と強化効果の効果小アップと期間を2ACTION延長・味方全員に自身の最大BRVに依存した量のBRV加算
デバフアタックブーストアップ 弱体効果が付与された敵がいる時、自身の最大BRVと攻撃力を中アップ
ショットガンエクステンド 「ショットガン」「ショットガン+」使用時・「ショットガン」「ショットガン+」の威力小アップ・「ショットガン」「ショットガン+」で付与する弱体効果と強化効果の効果小アップと期間延長を2ACTION延長

ラグナの新評価

BRV供給が可能に!

ラグナは手榴弾エクステンドの効果により、自身の最大BRVに依存した量のBRV加算できるようになりました。依存する量が最大BRVなので、比較的多くのBRVを供給できます。

デバフだけでなく、サポートもできるようになったといえるでしょう。

デバフ付与で火力上昇

エクステンドによるアビリティの火力の上昇はもちろん、デバフを付与された敵がいるとき、ラグナは最大BRVと攻撃力を中アップすることができます。

ラグナのすべての火力が上昇するといえるでしょう。

プリッシュ

レベルキャップ解放で得られるパッシブ

バフブースト 自身に強化効果が付与されている時、自身の最大BRVを中アップ
短勁エクステンド 「短勁」の使用回数+1 「短勁」使用時・「短勁」の威力小アップ・「空鳴拳 貫通」の近距離物理BRV威力中アップ、聖属性魔法BRV威力小アップ・「空鳴拳 核熱」の近距離物理BRV威力中アップ、炎聖属性魔法BRV威力小アップ 「短勁」使用後 「空鳴拳 貫通」「バックハンドブロー 炸裂」が追加HP攻撃が発動する「空鳴拳 貫通+」「バックハンドブロー 炸裂+」に変化
バフアタック 自身に強化効果が付与されている時、自身の攻撃力を中アップ
スピンアタックエクステンド 「スピンアタック」の使用回数+1・「スピンアタック」の威力小アップ・「バックハンドブロウ 炸裂」の近距離物理威力中アップ、風属性魔法BRV威力小アップ 「スピンアタック」使用後 「空鳴拳 核熱」「バックハンドブロー 炸裂」が追加HP攻撃が発動する「空鳴拳 核熱+」「バックハンドブロウ 炸裂+」に変化

プリッシュの新評価

デバフ付与で火力上昇

プリッシュはデバフを付与させることにより、それぞれ最大BRVと攻撃力が中アップします。ほかのキャラでは一つにまとめられることが多いですが、プリッシュは別々でデバフ関係で能力の上昇を会得できるようになります。

アビリティに追加HP攻撃

プリッシュはエクステンドにより、それぞれの二段階目のアビリティが+状態となり、追加でHP攻撃が可能となりました。プリッシュは多くのBRVを削ることができるキャラなので、有効な一撃が可能といえるでしょう。

ホープ

レベルキャップ解放で得られるパッシブ

シェルスピード 自身が付与した「魔法ダメージ軽減」の付与期間中、自身の素早さを小アップ
シェルエクステンド シェルの使用回数+1回 「シェル」使用時 ・攻撃力に依存したBRV加算量中アップ ・「魔法ダメージ軽減」の効果小アップ ・「魔法ダメージ軽減」付与中、通常「HP攻撃」が「HP攻撃+」(HP攻撃後、与えたHPダメージに依存した量のBRVを自身以外の味方全員に加算)に変化
プロテスアタックブーストアップ 自身が付与した「物理ダメージ軽減」の付与期間中、自身の最大BRVと攻撃力を中アップ
プロテスエクステンド 「プロテス」の使用回数+1 「プロテス」の使用時 ・攻撃力に依存したBRV加算量小アップ ・「物理ダメージ軽減」の効果小アップ ・「物理ダメージ軽減」付与中、通常「BRV攻撃」が威力アップの「BRV攻撃+」に変化

ホープの新評価

自身のアビリティでのみ自身を強化

ホープはそれぞれアビリティを使用することで、素早さ、最大BRVと攻撃力を中アップすることができます。攻撃性能の低いホープにとっては弱点を補えることになるので、少しは攻撃にも参加できるようになります。

通常攻撃の変化

ホープはエクステンドの性能により、それぞれ+状態での通常攻撃が可能となります。

HP攻撃+ではサポーターのホープらしく、HPダメージに依存した量のBRVを自身以外の味方全員に加算という攻撃をしながらサポートをしてしまうという一石二鳥の能力です。

BRV攻撃+は威力の上がる単純な性能と言えます

ビビ

レベルキャップ解放で得られるパッシブ

バフスピード 自身に強化効果が付与されている時、自身の素早さを小アップ
ファイアエクステンド 「ファイア」が合計威力がアップする2HIT火属性魔法BRV攻撃に変化
バフアタックブーストアップ 自身に強化効果が付与されている時、自身の最大BRVと攻撃力を中アップ
ためるエクステンド 「ためる」の使用回数+1 「ためる」使用時 「攻撃力アップ」の効果小アップ 「ためる」使用後・通常「BRV攻撃」が4ACTION 威力アップの炎属性BRV攻撃の「BRV攻撃+」に変化・「ファイア」が4ACTION 最終HIT後 自身のBRVが最大BRVの80%以上の時 追加HP攻撃が発動する「ファイア+」に変化

ビビの新評価

バフでステータス強化

ビビはバフを付与することで、素早さ、最大BRVと攻撃力を中アップすることができます。ビビはもともと火力が高いキャラなので、さらに大ダメージを与えることが可能になったといえるでしょう。

ファイアの性能が急上昇

ビビはエクステンドの能力により、ファイアが1HIT増え、さらに威力も上昇します。

それだけでなくためるエクステンドでもファイアの性能が上昇し、条件を満たすことで追加でHP攻撃が発動するようになりました。

アタッカーとして開花したキャラといえるでしょう。

ラムザ

レベルキャップ解放で得られるパッシブ

スタートスピードアップ バトル開始時から3ACTION、自身の素早さを小アップ
さけぶエクステンド 「さけぶ」の使用回数+1 「さけぶ」使用時・「さけぶ」の効果小アップ・行動負荷ダウン 「さけぶ」付与中、通常HP攻撃が「HP攻撃+」(自身の攻撃力に依存した量のBRV加算+HP攻撃)に変化
バフベースアップ 自身に強化効果が付与されている時、自身の初期BRVを中アップ
おうえんエクステンド 「おうえん」の使用回数+2 「おうえん」使用時・「攻撃力アップ」の効果小アップ・「BRVリジェネ」の効果小アップ・味方全員に「最大BRV中アップ」を「攻撃力アップ」「BRVリジェネ」と同期間付与・行動負荷ダウン 「おうえん」使用後、9ACTION通常BRV攻撃がBRV攻撃+(BRV攻撃後、味方全員に自身の攻撃力に依存した量のBRV加算)に変化

ラムザの新評価

通常攻撃がアビリティのように

ラムザはエクステンドの性能により、HP攻撃は自身の攻撃力に依存した量のBRV加算+HP攻撃、BRV攻撃は味方全員に自身の攻撃力に依存した量のBRV加算という通常攻撃がアビリティのような性能を持つようになります。

攻撃性能が乏しかったラムザですが、この性能により、アタッカーとしてもさらにサポーターとしても評価が上がったといえるでしょう。